花粉症対策|選ばれるにはワケがある|評判の高い住友林業の魅力

選ばれるにはワケがある|評判の高い住友林業の魅力

花粉症対策

メンズ

木材利用ポイント制度の目的

現在日本では20%程度の人が花粉症に苦しんでいるとされています。花粉症の中でもスギ花粉に苦しんでいる人が多いのです。これは50年程度前に住宅の建築ラッシュであったため大量の木材が必要でした。木材の中でも杉は成長が早くまっすぐ伸びるために多くの場所で一斉に大量に育てられました。しかし住宅の建築ラッシュが終了し外国から安い木材が大量に輸入されると植えられて成長した杉の木はそのまま放置されました。 こうした状況を改善するためにも取り入れられたのが木材利用ポイントなのです。木材利用ポイントでは国内の木材を使用して住宅を新築したり購入したりリフォームすることでポイントがもらえるのです。木材利用ポイントの大きな目的の一つに国内の木材の仕様を促進して森林を適正に維持したり整備したりすることがあるのです。森林の中の木々は適切に伐採することで森としても強く保つことができるのです。

制度を利用する際のメリットと問題点

木材利用ポイントを利用することで通常は30万ポイントのポイントをもらうことができます。東日本大震災の被災地で条件を満たしている場合には最大50万ポイントのポイントをもらうことができます。このポイントは1ポイント1円として即時交換として最大半分を工事代金に充当することができます。残りの半分のポイントは環境に配慮した商品など指定した商品と交換することができます。中には家具などもあり新築の場合新生活を開始する際に役に立つ商品などたくさんの商品が用意されているのです。上手に使用することで建築主も得することができるのです。 とはいえこの制度があるからわざわざ国内の木材に変更して住宅を建築するのかというと少し疑問視する声があるのも事実です。というのもこの制度を利用するために建築会社は取引先を変えたり国内の木材を調達するルートを開拓するなど大きな手間がかかるのも事実です。